仕事量に対し時間が足りない、という話をよく耳にします。
私の時短仕事術

仕事量に対し時間が足りない、という話をよく耳にします

仕事量に対し時間が足りない、という話をよく耳にします。どんどん迫る〆切を目前に、どのように対処したらよいのでしょうか。
私のこれまでの経験で時短に役立ったものは、優先順位を決めるということです。
今すぐに取りかからなければならないこと、後からでも出来ること、人に頼めそうなことなどをリスト化していき、最も重要度の高い仕事から始めます。一見、何もかもいっぺんにこなさなければならないように見える仕事の山も、整理することで案外スッキリまとまってくるものです。

また、集中力が必要なものは先に行い、幾らか力を抜いて行えそうなものは後にする、という方法もあります。人間の集中力というのは、そう何時間も持続できるものではありません。間違いが許されない重要な作業は、スタミナのあるうちに済ませておくのが最善でしょう。
また、いざという時に困らないため、普段から書類やデータを整理しておくのも時短術のひとつです。
散乱した用紙の山から資料を探すのは、それだけで時間のムダ。あまり忙しくない時期にそれらをまとめておくだけで、かなりの時間を節約できます。
他にも、デスク回りに無駄なものを置かないことや、必要最低限の物品だけを用意することも、仕事を効率良く且つ時短で行えるコツです。


Copyright(c) 2018 私の時短仕事術 All Rights Reserved.