時短仕事術といって思い浮かぶのは、時間と仕事量の把握をして、とにかく手や体を動かすといったことでしょうか。
私の時短仕事術

時短仕事術といって思い浮かぶのは

時短仕事術といって思い浮かぶのは、時間と仕事量の把握をして、とにかく手や体を動かすといったことでしょうか。
普通のことかもしれませんが、今抱えている仕事を何時までに終わらせて、次に何をするかの段取りを決めて動くことで、無駄な時間がなくなります。スムーズに仕事が進むので、時間が経つのも早くてあっという間に夜になるので、暇な時間をぼーっと過ごすことがなく、メリハリができていいかなと思います。
急にトラブルが発生したりすると、計画通りに仕事が進まなくなることもありますが、それは仕方がないことなので、優先事項意を考えながら動くようにしています。
時間を短縮するためには、人手が必要な時もあるので、1人で無理そうな時には同僚に遠慮なく助けてと言うことも、大切だと思います。助け合いも重要だと思うので、人が大変な時には手を貸すようにして、自分が大変な時には手を貸してもらいやすいような環境を作っておくようにしています。

サイトリンク



Copyright(c) 2018 私の時短仕事術 All Rights Reserved.